少林寺拳法 秦野道院へようこそ!

秦野道院は、秦野市弥生町にある専有道場を拠点として活動しています。

引っ込み思案な子、やんちゃな子、体育が得意な子、算数が得意な子、個性あふれる少年たち、そして社会の様々な場面で活躍している多様な職業の青年からシニアまで、幅広い年代の拳士がいっしょに修行に励んでいます。

自信 + 勇気 + 行動力

秦野道院のポリシーは、「お互いの違いを認め合い、社会を生き抜く力を身につける」ことです。少林寺拳法を修行することによって、裏付けのある自信を身に付け、学校で、地域で、社会で役立つリーダーとなることを目指しています。

2021想い出のランドセルギフト

2014年にはじめた 想い出のランドセルギフト、2021年は拳士1名と、この活動に賛同いただいた一般の方1名がランドセルを提供してくれました。
想い出のランドセルギフト とは、使われなくなったランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる活動です。
現在、アフガニスタンは政権交代の混乱下にありますが、子どもや女性の学ぶ機会が継続されることを願っています。

お礼状が届きました。

非接触方式を原則に修練を継続中

秦野道院では、新型コロナウイルス感染拡大予防対策に関する各種ガイドライン(2021/7/21版)を遵守したうえで、非接触方式を原則に修練を継続しています。
少林寺拳法の特徴の一つ「組手主体」の修練が充分できないことは残念ですが、単独の法形を磨く良いチャンスでもあります。困難な時期だからこそ、できることから取り組んでいきます。


☆最年少拳士3歳7ヶ月、お父さんと読本で学ぶ

大会入賞などの記事は削除しました

少林寺拳法が「技芸教授業」と誤解され、私たちの存在意義(開祖 宗道臣先生の少林寺拳法創始の志)が歪められる恐れがあるため、技芸教授業をイメージさせるような大会入賞などの記事は、削除しました。

<<<注意喚起>>>

オウム真理教の後身団体であるAleph(アレフ)が少林寺拳法のサークル活動と称して勧誘を行なっているとの報道がなされましたが、当該団体と少林寺拳法グループとは一切関係がありませんのでご注意ください。
 
また、報道のようなケースに遭った方は、エリアサポートセンターまでご連絡ください。
TEL 0877-56-6115  FAX 0877-56-6022  MAIL support@shorinjikempo.or.jp
 

中学生拳士交流会を初開催

2018年3月25日(日)に、秦野市・伊勢原市で4月から新たに中学生になる拳士と現中学生拳士の交流会を初開催しました。
前半は、鎮魂行・基本突のあと、クジで決まった相手と組んでのミニ演武会。
後半は、もぐもぐタイムから「続けて良かった少林寺拳法」をテーマに勉強・部活と修行を両立させる工夫や、今後の抱負を発表しました。
初めて会った拳士とも話がはずみ、あっという間の3時間でした。